なめて、さわって、かじらせて。第2話 漫画:菊屋きく子
一度知ってしまったら、もう我慢はできない

つい理性を飛ばし、鳥栖を欲望のまま抱いてしまった押辺。

しかし鳥栖の態度は以前と変わらぬままで、

押辺は悶々としたまま仕事も集中できずにいた。

そんな中、研修で戻ってきた先輩とサウナに行くことになった二人。

鳥栖の足首に欲情しつつも先輩と仲良さそうなところを見て、

思い違いを起こすくらいなら見てるだけがよかったと落ち込み、

サウナでのぼせたのもあわせて倒れてしまう。

鳥栖の家に運ばれ目覚めた押辺は、

気を遣わず自分の気持ちを主張しろと心配した鳥栖に言われ、

頭が沸騰しているかのように我慢できずに

鳥栖の足首を掴んで舐めはじめ……。


鳥栖 とりす
※受け
押辺の学生時代からの先輩。真面目な好青年。企画で男性用パンプスを履くが…。
押辺 おしべ
※攻め
女子社員に人気だが、鳥栖のことが好きなことを隠している。足フェチ。

サイト内検索

BlackCherryへ

作品一覧

一般コミックスへ
単話作品へ
BC単話作品へ

新刊情報

ツイッター

スリーズロゼ公式ツイッター
ページのトップへ戻る